Ojas(オージャス)とはサンスクリット語で 生命エネルギー、光輝、洗練されたスタイル

と言う意味があります。アイアンガーヨガを通じて身体に眠っている

エネルギーを自身で見出し、育てていける。そんなレッスンを心がけております。

山口県初!ぜひ、世界中で愛されているアイアンガーヨガをご体験ください。

ようこそアイアンガーヨガの世界へ

世界最古のヨガの1つです。

アイアンガーヨガはBKS Iyengar氏が世界に広めたヨガの教えであり、幼少期に病弱な身体を鍛える為に考案された革新的な教えは現在世界中の数百万人の人々に受け継がれて来ました。

 

彼は15歳からヨガを学び、1960年代に有名なバイオリニストであるメニューインに指導するのをきっかけに西洋に教えを広げます。

 

BKSアイアンガーは氏は現在のヨガの実践方法に大きな影響を与えた一人でブリックやベルトを始めとする道具を使用し、身体に無理の無い方法で実践できる事。

アライメントを重視し、アサナ(ポーズ)の中に質を重視する事。老若男女問わずにヨガを実践できる様に新しい手法が考案されました。

 

彼は現代のヨガの代表的な著書「ハタヨガの真髄」を含む多くの本を執筆し世界中のヨガインストラクターの助けとなりました。2014年8月に95歳で亡くなるまで道場で教え続けたアイアンガー師。その追憶は今でも語り継がれ、本場インドのRamamani Iyengar Memorial Yoga Institute(RIMYI)で伝え続けられています。


プロップス(道具)

アイアンガーヨガでは様々な道具を使うのが特徴です。

正しい姿勢でアサナを持続させる事で

アライメントを整えて行きます。

スタジオで使用するのは下記の道具になります。

  • ベルト+ロングベルト(インド製)
  • ブランケット(インド製)
  • ブリック(日本製)
  • ボルスター(日本製)
  • マット(日本製)
  • チェア(準備中)

上記、全て無料でレンタルできます^^

その日の指導内容で、使い方を変えていきますので

身体の調子が悪い部分を事前に教えて頂けると

できるだけ対応しますので、お気軽に教えてください。


インドの本場プーネの道場の写真
インドの本場プーネの道場の写真

アイアンガーヨガ認定指導員とは?

アイアンガーヨガのメソッドは認定指導員でなければ教えることはできません。また認定指導員でなければアイアンガーヨガの名を使用することもできません。

 

また、教室名にアイアンガー名を使用してよいのは、

中級ジュニアレベル2(Intermediate Junior Level II)以上の認定レベルを所持し、かつRIMYIに教室名使用の申請をし、許可された認定指導員のみと決められています。